広報戦略

研究力強化を促進する広報戦略

平成27年2月2日(月)に広島大学工学部B3棟2F 220教室にて、国際広報シンポジウム「研究力強化を推進する広報戦略」を行います。
日刊工業新聞・論説委員の山本佳世子先生には「効果的な研究広報のコミュニケーション」というテーマで、沖縄科学技術大学院大学・副学長(広報担当)のニール・コールダー先生には「How to get the press your univeristy deserves:メディアからしかるべき注目を集めるには」というテーマでご講演いただきます。
ブレイクタイムの後、「研究力強化を推進する国際広報のあり方」というテーマでパネルディスカッションを予定しております。
セミナー終了後は懇親会を予定しております。みなさま、ふるってご参加ください。

プログラム

13:00 学長挨拶
広島大学・学長:浅原 利正
13:05-14:05 特別講演1
日刊工業新聞・論説委員:山本 佳世子
14:05-15:05 特別講演2
沖縄科学技術大学院大学・副学長(広報担当):ニール・コールダー
15:05-15:20 ブレイクタイム
15:20-16:30 パネルディスカッション「研究力強化を推進する国際広報のあり方」
沖縄科学技術大学院大学・副学長(広報担当):ニール・コールダー
日刊工業新聞・論説委員:山本 佳世子
広島大学・理事・副学長(研究担当):吉田 総仁
広島大学学術・社会産学連携室広報グループ・グループリーダー:和木 光江
広島大学学術・社会産学連携室研究企画室・シニアURA:三代川 典史
※終了後、懇親会(17:00-19:00)
広島大学学士会館1Fレストラン「La Boheme(ラ・ボエーム)」
要予約(参加費 2,500円)

懇親会

セミナー当日の夜、懇親会を予定しております。参加を希望される方は、セミナーお申込み時に参加登録をお願いいたします。
参加費 2,500円が必要になります。参加費は当日、懇親会時にお支払ください。
日時:平成27年2月2日(月) 17:00-19:00
場所:広島大学学士会館1Fレストラン「La Boheme(ラ・ボエーム)」

山本 佳世子先生

日刊工業新聞・論説委員
お茶の水女子大学理学部卒業。東京工業大学で工学修士、東京農工大学で博士号(学術)を取得。科学技術報道(化学、バイオ、環境など)、業界ビジネス報道(化学業界、飲料業界)担当を経て、現在、大学・産学連携報道を担当。2011 年に産学連携学会の業績賞を受賞。著書に『研究費が増やせるメディア活用術』(2012 年?丸善出版)がある。

ニール・コールダー先生

沖縄科学技術大学院大学・副学長(広報担当)
1989 年から2001 年にかけてジュネーブの欧州原子核研究機構(CERN)コミュニケーション・オフィス室長。2001 年から2008 年にかけてスタンフォード大学スタンフォード・リニア・アクセラレーター・センター(SLAC?Stanford Linear Accelerator Center)広報責任者。2008年から2010年にフランスの国際熱核融合実験炉(ITER)コミュニケーション部長。2010 年から現職。